日本人はケツを甘やかし過ぎな件

f:id:monday23:20170506162502j:plain

久しぶりに海外行ったんですけど、ないんですよアレが。ウォシュレットが。 高級ホテルならあるのかもしれないが、普通のホテルとか、その他の施設にはない。

なので、直接紙で拭くわけです。 もちろん何も問題ない。

でもね、3日目くらいから、ケツが痛いんですわ。 そんなにゴシゴシしてるわけじゃないよ。 我慢して拭くんだけど、痛いからもう拭いてるんだが傷に塗り込んでるんだか分かんないよね。

たぶん、日本よりトイレットペーパーも硬いんですよね。

でちょっと思ったんです。最近、日本だとウォシュレット率高すぎる。 家にも自分で買って取り付けてるし、職場にもあるし、駅はないけどそれ以外のショッピング施設だとかにはだいたいウォシュレットある。 外のウォシュレットは衛生面が気になって使えんという人もいるが、自分はガンガン使うわけです。 きれいになったあと、トイレットペーパーは水を拭き取るだけ。

そんな生活をしてるので、もうお尻に皮膚がヘタレになっちゃってるんですわ。 ちゃんと水できれいにされてから、ソフトなトイレットペーパーでソフトに拭かれるだけ。

あと、そもそも海外だとトイレが見つからないことも多い。 前にフランス行ったとき、トイレ探してさまよって結局1時間後に泊まってたホテルに行き着いて用を足したことがあったね。 あれも緊急時だったら完全アウトだったね。

日本人のケツは軟弱になっている。 こんなんじゃ、海外で戦えない。

そう思って、帰ってきて、トイレ入って、やっぱり日本はいいなと思いながらこの記事を書きました。